一般質問の議会中継がご覧いただけます

2010年12月05日

平成22年12月定例会における私の一般質問の録画中継が
アップロードされました。
以下の四街道市のHPからご覧いただけます。

http://www.city.yotsukaido.chiba.jp/contents/7d6904102707363/7d690410270736313.htm

改めて自分の映像、声を聞くというのは少々照れるものですね。
緊張して、途中途中かんだりしてました。

四対街道市議会の一般質問は、
まず壇上において質問をし、
執行部(市役所)からの答弁があります。

その後、自席から一問一答方式での再質問となります。

この一問一答方式ですが、一括質疑と異なり、
一つ一つ質問、答弁となりますので、
今は何を問題としての質疑がなされているか
が分かるようにと採用されている質問方式です。

他市においては、近年このような質疑方法にするべきか
という議論がなされている自治体もあり、
四街道市議会においては、早くから
導入しておりますので
その意味においては質疑が分かりやすく
なっているのではと考えています。

しかし、映像をご覧いただけますと
分かるように、質問台がありません。

この点の何が問題かと申しますと、
例えば国会中継でご覧になった方も
いらっしゃるとは思いますが、
カメラが遠くから全体を映さなければならず、
パネルの使用等、中継を見ていただく方への
配慮が難しい、という事がまず挙げられます。

また、自席にのみマイクがついていますので、
議員同士の議論において、
質問者、答弁者が互いに明後日の方向を向いて
話す事となります。

私も一番前の席ですので、
後ろにいる議員に質問し、答弁するという状態です。

つまり、議員同士の議論があまり想定されていない
部屋のつくりとなっているのです。

議会は形式的な儀礼の場ではなく、
議論をする場であるはずです。

しかし、現在このような形となっていることからも、
議員と執行部との議論の場という認識が
強いのではと感じています。

ですので、様々な意見があるのは当然ですが、
議員同士でも議論を一層進められるよう
取り組みたいと思います。

しかし緊張してますね(笑

Copyright(c) 2010 Yoshinori Narita All Rights Reserved.