聖徳太子

2011年01月12日

聖徳太子といえば、「冠位十二階」、「十七条憲法」を始め、
また前の1万円(5千円)の顔としてもご存知の方も多いのではないでしょうか。

近年聖徳太子についての様々な論文も出されていますが、
それ自体は学者の方に任せるとして、
この有名な和を以って貴(とうと)しとなす
から始まる「十七条憲法」の精神は、現在の私たちに大きな教えを
伝えているのではないかと思い、今回採り上げさせていただきました。

特に特定の宗教、宗派を薦めるというものではなく、
この教えそれ自体が非常に大事ではないかという訳です。

ひょっとしたら十七条憲法の条文をご覧になった事のない方も
いらっしゃるのではないかと思い、原文そのままではなく、
簡単な意訳にてご紹介したいと思います。

漢文から主旨を記載しますので、気をつけて記載する
つもりではありますが、よろしければ原文を
ご参照いただきたくも思います。

第1条
人と争わずに和を大切にしなさい
第2条
三宝(仏教、その教え、僧)に深く敬意を払い、
学び礼をつくしなさい
第3条
天皇陛下の詔(命令)は謹んで聞きなさい
第4条
役人達(政府高官や公務員)は礼儀正しくありなさい
第5条
裁判は公平な態度で行いなさい
第6条
悪い事はこらしめ、良いことはどんどんしなさい
第7条
仕事はその役目に合った人にさせなさい
第8条
役人(政府高官や公務員)はサボることなく朝早くから夕方遅くまで
一生懸命働きなさい
第9条
お互いを信じ合いなさい
第10条
他人と意見が異なっても腹を立てないようにしなさい
第11条
功績や過ちを明確にして、必ず賞罰を与えなさい
第12条
役人(内閣)は勝手に民衆から税をとってはいけない
第13条
任命された役人(新任)は前任者の仕事を知っておきなさい
第14条
役人(職員)は嫉妬の心をお互いに持ってはいけない
第15条
国のことを大事に思い、私利私欲に走ってはいけない
第16条
人を使うときは、その時期を見計らって使いなさい
第17条
大事な事は一人で決めず、必ず皆と相談しなさい

荒い訳になってしまっていましたが、
要は議員や公務員は礼節を重んじて
人々の為に働くように、という教えです。

言葉だけではなく行動をして結果を出せるよう
頑張りたいです。

福沢諭吉翁も大変尊敬していますが、
聖徳太子のカムバックを少し期待しています(笑

実際経済効果もありますし、特に不況下においては
検討する余地は多分にあるとも考えています。
皆様は如何でしょうか。

Copyright(c) 2010 Yoshinori Narita All Rights Reserved.