考えるヒント

2011年01月22日

今日は、小林秀雄『考えるヒント』を読みました。

10年ぶりに読んだ小林は、やはり難解だなぁ
というのが率直な感想でした。

小林秀雄全集をアルバイト代で購入し、
朝まで読んでいた事を思い出しました。

もれなくだぶりなく考える

という事を意識していますが、
ここまで突き詰めて考えるという事が
出来ているか…

読んだ事のある方はご存知だと思いますが、
小林秀雄の文は、サッとは読み終わらない、
いわば「重み」のあるものです。

私はこの鋭利な観察眼とでもいうのでしょうか、
この『考えるヒント』を読んでいる間、
時に背筋を伸ばし、時に躍動する気分になりながら
湯船に浸かりながら読みふけっていました。

随分長いお風呂になりましたが、
とてもいい時間を過ごせたと感じました。

Copyright(c) 2010 Yoshinori Narita All Rights Reserved.