出前市政報告会

2011年01月27日

今日は、出前市政報告会に行きました。

内容は都市計画道路についてが主でした。

都市計画道路につきましては、始めは反対であり、
ある種「旗振り役」として活動をしていた私に対し、
何故無駄な道路を造るのか、考えを改めるべきと
呼んだと終わりの方におっしゃっていただきました。

ですが、都市計画道路の必要性、また
反対する理由についてはその論拠が
乏しいと感じ、またそれ以外については
責任のある態度とは取れない旨申し上げました。

この点につきましては、ご理解をいただきまして、
2点ご質問をいただきました。

1点目は、説明が我々に届いていない事も
問題ではないか、という事でした。

この点は、私自身反省しなければならないと感じていまして
その点についてお詫びをしました。

市政だより、議会だより等での報告はしていますが、
情報は、相手に届いてその役目を果たすとも考えていますので、
今策定を進めている議会基本条例で、議会報告会の実施をする事により、
少しずつではありますが、説明する機会を増やしていきたいと
申し上げました。

もう1点は、説明を聞けば必要性については理解できるが、
では何故反対の声が出ているのか?という質問でした。

呼んでいただいた方は、必要外に道路を造り、
工事費の関係で利権が発生しているという話を聞き、
そんな事はさせる訳にはいかないと感じ、
その利権の関係者の中に名前が挙がった私に対し、
出前報告会のビラが入っていたから呼んだとの事でした。

噂というのは凄いなぁと改めて感じました。
利権やそれこそ裏金とされそうな事については、
私自身それがない事を証明する事は難しいです。

何を以ってないのかを示せば、ないと証明できるか
分からないからです。

悪魔の証明というものと同様の論理です。

ですが、報道等でも利権に関わる問題については
皆さんご存知であると思いますし、
それを廃すためにも立候補をした次第ですので、
一刻も早く信頼関係を再構築できるよう、
活動を続けていきたいと感じました。

そして、では何故そもそもそうした話が出たのか?
何故議会でも割れたのか?というご質問については、
私なりに考える点についてお話をさせていただきました。

ご本人に確認をしていませんし、推測ですので
ここに記載する訳にはいきませんが、
可能性についてお話をさせていただきました。

ご理解はいただきましたが、私自身は賛成の立場ですので
よろしければ反対の方からも考えを聞いていただく事も
お話させていただきました。

私自身申し訳ない事に、全てを知っている訳ではありませんので。

ですが、今回の件については、むしろ反対の方の考えを伺い、
それにお答えする事は、多少は可能であるとも考えています。

議員が恥ずべき事は、勉強もろくにせず、
美辞麗句を並べるだけで、仕事をしない事である。
若しくは反対のための反対を繰り返し、無駄な
混乱をもたらすだけの行動は慎むべきである、と
確信をしていますので、後は、勉強を重ね、
責任を感じながら結果を出す事を続ける。

この点を意識して、今後とも活動を続けたいとも
お話をさせていただきました。

その後は四街道の他の事業の話や
国政の話等をさせていただきました。

出前報告会を行い、大変嬉しく感じている点は、
ご連絡を頂いている方々は、
今まで議員と話をした事がない方が半数以上いらっしゃる事です。

私は若輩者ですが、現在は市議として活動をさせていただいていますので、
そこで感じた事や、今四街道で行われている事等をお話させていただきまして、
少しずつでも政治への関心を高めていただいていると
肌で感じますので、活動の原動力ともなっています。

そして私の知っている事についてはお話をさせていただき、
知らなかった事を教えていただく。
呼んでいただく事が楽しみであります。

皆さんもお気軽に呼んでください。

Copyright(c) 2010 Yoshinori Narita All Rights Reserved.