3月議会への準備

2011年02月09日

今日は、3月議会に向けての準備をしていました。

3月議会においては、予算委員会と代表質問が
主となります。

政策や事業は、それを実行するにあたりまして、
誰がいつどのように何を行うといった、
つまり、予算が伴うものです。

ですので、予算についてどれだけ知っているかという
点が、政策についてどれだけ実現可能性があるのか、
行政についてどれだけ内容を理解しているのかが
分かります。

こんなのはどうだろう

様々な新しい発想で、よりよい行政を行う事を提言
する事は、これから特に必要になってくると思います。

ですが、それと同時にどのようにそれを実現させるか、
つまり財源がどのようになっているかについて、
真摯に考えなければ文字通り絵に描いた餅となります。

一見聞こえのいい事であり、それが出来れば
いいのではないかと感じたとしても、
財源がなければ出来ません。

期待をした分だけ(若しくはそれ以上)落胆する。

別に政治・行政に限った話ではないですが。

グランドデザイン(四街道の方向性)ではなく
政策を訴える方がいる場合においては、
私も含め、確認してください。

財源についてどれだけ明確になっているか

これによって実現可能性がお分かりになると思います。

更に、それぞれの議員、または立候補者が
どれだけ政策について精通しているかがすぐに分かると思います。

Copyright(c) 2010 Yoshinori Narita All Rights Reserved.