問題点を指摘してください

2011年03月21日

今回の震災において、非常に多くの方からの
支援をいただいておりまして、
僭越ながら、私からも御礼申し上げます。

ありがとうございます。

支援物資や義援金も集まってきておりまして、
1名でも多くの救助、
1日でも早い復旧を心から願っています。

支援物資については、品目を限定して
新品以外は断っているものがほとんどであると思います。

理由は、廃品回収ではない等といった事が挙げられます。
(カイロや食料品等限定している品目は、あって困るどころか
被災地においても死活問題である事からもお願いしています。
数多くのご協力に感謝します。)

そして、私も新潟地震の時に震災ボランティアで
仕分け作業をしていた時に、
そちらに時間をとられすぎて、
本来の被災者の方への支援が
難しかった経験があります。

そして何故義援金が望まれるかと
申しますと、ニーズを把握して
必要な所に必要な物を送る。
また、テレビ等で特にクローズアップ
されている箇所以外にはなかなか
届かなかったという経緯がありまして、
(今回も同様の問題点が指摘されています)
そのような事態を少しでも緩和するというために
特に義援金をお願いしていると認識しています。

ですので、震災ボランティアを経験した方は
リサイクルに出して得た金額を寄付していただく
事を推奨する場合もあろうかと思います。
実際送っていただいたはありがたいですが、
利用できず古着や使用済みの下着等の
処分に費用がかかってしまったケースもあります。

そこで、現在行っていますゴミゼロ運動において
古着や必要のなくなった本等も
出していただくようにお願いして、
リサイクル業者等に購入していただく。
そして、その金額を義援金として使っていただく
というのは如何でしょうか。

現在想定している問題点は、
まず歳入の件です。

現在もゴミゼロ運動にて回収した
ビン・カン等で歳入として計上していますので
それらの分市の歳入が減る事となります。

ですが、この未曾有の被害に対し、
皆様の承認さえ得られれば可能であると考えます。

更に、その減少した歳入分以上に(特に議会が)働けば
それは可能であると考えます。

そして、決定者である市長や議会に対しては、
皆様からのご理解が得られれば説得します。
ありがたいことに、私も今メンバーの1人です。

次の問題点として、コストの面が挙げられます。

ですが、ゴミゼロに合わせる形にするために、
増加するコストは改めての時よりも少なくなると
認識しています。後は、上記と同様です。

周知に関しては、もともと市政だより等でも
広報していますし、その時に協力願いを
出せば、広く周知する事も可能であると認識しています。

今回ははっきりと申し上げ、
思いつきで記載しています。

ですので、まだ自分でも精査できていません。

そして、他の自治体でもやっている所が、
確認した限りないもので、参考になる資料等はありませんでした。
だからこそ、お知恵を拝借したいと思います。

これは駄目だろうというのでしたらおっしゃってください。
ごめんなさいとしか言えませんが。

ご教示のほどよろしくお願いします。

Copyright(c) 2010 Yoshinori Narita All Rights Reserved.