代表質問の準備(コミュニティFM)

2011年06月09日

今日も1日市役所の中で代表質問の関係で
色々な話をしていました。

今日は特にコミュニティFMについて、
四街道市のコミュニティFMに対しての認識と、
検討課題としてどのように考えているかについて
伺っていました。

今回の震災を受け、様々な自治体でも
取りざたされ始めましたが、これは
震災時以外においてもコミュニティ、
つまり日々の身の回りの生活の情報提供の
ツールとして、身近になればなるほど
市の活性化が進むものです。

私が震災ボランティアとして拠点としていました
宮城県岩沼市では、早い段階から様々な情報を提供し、
市内のレストランで炊き出しをしている情報を提供し、
多くの方が集まったようです。

私がお世話になった家の方も利用したとの事でしたので、
四街道に帰る何日か前に昼食をとらせていただきました。

パスタをお願いしたのですが、味音痴からしても
美味しいと感じましたので、特に市内が混乱している中で
この料理が食べられたときは、どんな気持ちだったのだろうかと
思いました。

少し脱線しましたが、また、コミュニティFMについては
気仙沼市において、災害緊急FMとして、給水や、
その他必要な情報についての提供がありました。

県内においては、市原市においていちはらFMが開局して
いまして、市原市の様々な事が放送されていまして、
地元では多くの市民の方がリスナーとして、
時には出演してなじみの深いものとなっています。

四街道市の市域は、円状でもありまして、
かつFMの周波数も安定できる環境にもなっていますので、
行政防災無線が聞こえにくいという状況の補完的要素としても、
またコミュニティの活性に対しても十分検討の余地があると
確信をしています。

これらについて、市役所内にて様々な部署の方と話をして、
代表質問時において、どのような認識で考えているかを
まとめていただくようお願いしました。

明日も代表質問の関係で時間がかかりそうですが、
少し時間も取れそうですので、放射性物質関係において、
伺う旨ご連絡をしていますが未だ伺えていない家が
何件もありますので、そちらにもお邪魔できればと感じています。

Copyright(c) 2010 Yoshinori Narita All Rights Reserved.