議会基本条例調査特別委員会

2011年06月22日

今日は、議会基本条例調査特別委員会がありました。

主な内容は、今後の進め方でしたが、
少しずつ条例制定に向け、着々と進んできています。

特に、論点が明確になり、一つずつ議論を進めてきていまして、
他の自治体に負けない、むしろ先進的な
条例ができればと勉強を重ねています。

特に、反問権、これは、今は議員が執行部(市役所)
に対し、一方的に質問を行っていますが、
行政サイドからも逆質問ができるようになれば、
議員は大変になるでしょうが、
より現実的で、深い議論ができるようになります。

この反問権について、さまざまな問題も抱えていますが、
導入して、より四街道市のためになるべく議論が
進められるようにと、私は賛成しています。

また、議会報告会についてです。

各議員が市政報告等を行っていますが
あくまで1議員としての活動報告になっていますので、
その議員の考え方が大きく反映されます。

ですが、議員としてではなく議会としての
報告会を実施することにより、
議会においてどのような事を議論し
決定したのかについてを報告できるようになります。

これもさまざまな問題があります。
例えば、特に市議会議員ですと、
地域から選出するという意識も
やはり実際としては少なくありませんので、
当該地域に他の議員が来ることを
喜ばしく感じないという事も往々にしてあります。

ですが、四街道市全体を考えるのも議員の
仕事(私は当然であると感じていますが)
ですので、この事についても意識が変わる
きっかけにもなればありがたいですし、
何より議員が何をどのように議論しているのかについて
公平に知っていただくためにも
導入をするべきであると考えています。

他にもさまざまな取り組みを基本条例に
盛り込みたいと考えていますが、
あくまで目的は四街道をより良くする
という事ですので、そのために
必要な条例づくりとして
勉強を重ねたいと思います。

Copyright(c) 2010 Yoshinori Narita All Rights Reserved.