四街道市議会議員選挙の日程

2011年10月20日

今回の市議会議員の任期も来年で
任期満了となります。

来年2月19日(日)告示、
2月26日(日)投票日(投開票日)となります。

私も挑戦しますが、
誰が四街道市のために働くか、
また、4年間という
(私はあっという間に感じましたが)
長い時間を議員として活動させるのは、
その4年間のみならず、
将来に渡り影響を出しますので、
立候補者を見比べて、
その上で投票所へ足をお運びください。

今回も定数を上回る立候補が予定されています。

その中で、私のような支持母体がない者や
政党の方、また地域代表の方もいらっしゃると
思います。

議員も当選したからには公人となり
本来は投票した方だけではなく
全体のために働く事が定めれられていますが、
実情はわかりません。

また、投票するにあたっても、
投票権のない20才未満の方、
つまり将来に渡り誰に投じるか。

この点も含め選出していただきたいと思います。

ちなみに、公職選挙法にあてはめますと、
「私は来年の四街道市議会議員選挙に立候補します」

となると、事前活動となり法に抵触します。

ですが、
「私は来年の四街道市議会議員選挙に挑戦します」や
「私が来年の四街道市議会議員選挙にあたっての
立候補予定者の○○です」ですと、
抵触はしないのです。

秘書時代にまず公職選挙法(公選法)を
勉強しましたが、
未だに理解できない事や、
あきらかにおかしいのではと
思う事も少なくありません。

現在小選挙区制が日本に合うか等の
議論が改めてなされていますが、
いずれにせよその入口の部分、
つまり投票に関わる選挙について、
改める必要があると考えています。

Copyright(c) 2010 Yoshinori Narita All Rights Reserved.