平和事業推進条例が流れました!

2011年12月22日

昨日の議会において、
平和事業推進条例の制定を求める請願
については、
私は反対の討論を行いました。

簡単にまとめますと、
一言で平和といっても、
恐らく戦争のない平和を求めるとの
認識ですが、災害時、
特に東日本大震災の被災地においては、
戦争がないだけで、決して平和とは
言えない状況でした。

つまり、戦争がない事が平和と
してしまった場合、それ以外の
平和ではない状況については、
四街道市は関係がないとなります。

それは、思想信条の自由を
著しく制限する事を意味します。

こうした事を、行政で行うべきではない
と申し上げました。

結果、私の言う事も一理あり、
賛否を今問うのは難しく、
今後の検討事項とするべきと
採決が見送られました。

4年前の最も大きな公約、
四街道市南部に保育施設を設置
する事は、無事達成できました。

それ以外にも、
四街道駅南口ロータリーの共用開始等、
様々な仕事をさせていただきましたが、
将来の四街道市から見たら、議会最終日が、
今任期最大の仕事になったかもと
感じています。

インターネットを活用されている方で、
かつ私の(政治又は政治家に関係する)ホームページを
ご覧いただいている方々におかれましては、
近年の歴史について、
いわゆる一般常識のようなものが、
実はそうではないと驚いた方も
いらっしゃるのではと感じています。

また、すでにご存じで、インターネットの
普及により、これから奪還に向けて
希望を持っている方もいらっしゃるのでは
とも感じています。

私は自分で気が付かないだけで、
不適切な発言もしている事も
あるかもしれません。

訴えている内容について、
間違いがあるかもしれません。

ですが、この件につきましては、
四街道市を守れたと絶対の自負を
持っています。

若輩者ですが、本当に
政治家冥利を感じました。

反対討論の通り、
思想信条の問題からも、大変
重要な問題です。

ですが、外国人参政権、人権擁護法案、
自治基本条例(これは場所によっては
今の所は私から見ても問題なく
運用されています)という、
よく聞くやり方だけではない。

という事をご理解いただけますと、
私と一緒にまずは束の間ながら、
喜ばしい事であると感じていただけると
確信しています。

議員として活動をする場を与えていただきまして、
本当にありがとうございます!!!

Copyright(c) 2010 Yoshinori Narita All Rights Reserved.