排水対策

2011年12月27日

今日は、大雨時に水たまりができてしまい、
どうにかならないかというご連絡をいただきましたので、
お伺いしました。

拝見しますと、排水溝の穴が小さく、
処理が間に合わない状況でした。

すぐにとはいかないかもしれませんが、
特に大日地域においては
同様の問題があります。

四街道市の災害対策は、
以前から申し上げていますが、
自然災害においては、
地震、冠水、いっ水、火事が主です。

これらの対策は、
いわゆるインフラ整備でして、
あまり今まで力を入れられていないのが
現状でした。

インフラというと、税金の無駄、
利権という意識的な構図が成り立っていましたので、
予算配分が大変縮小されていました。

ですが、管の老朽化や、こうした日々の
安全を確保するためには、どうしても
必要なものです。

そして、とても身近なものでもあります。

必要な所に必要な策を講じる事まで
否定してしまっては、
結果的に市民生活に跳ね返るという事を、
ご理解いただけますとありがたいです。

簡単に「ムダ」という言葉を使う方については、
どこがどうムダであるのか、誰にとって
ムダであるのかをはっきりと説明する
責務があると考えています。

そして、それに対しては、
前提条件が正しいかどうかを
見ていただきたいとも合わせて
お願いしたいとも感じています。

Copyright(c) 2010 Yoshinori Narita All Rights Reserved.