議会改革特別委員会

2012年07月25日

今日は、議会改革特別委員会でした。

内容は、
政務調査費のあり方
常任委員会のあり方
議員間討議のあり方
についてでした。

政務調査費については
全国的にも厳しく基準を設けていますので、
まずは新人議員の方々に現状の用途についての
説明と、公開についての現状を説明しました。

議論の結果、各議員が政務調査費として
きちんと説明ができるよう、
今後も取り組み、来年に報告をした後に
改めて審議するという結論となりました。

常任委員会につきましては、
現在4つの常任委員会があり、
平均5名が各常任委員会に所属していますが、
審議をより深くできるよう、
また、経費を抑える等の理由から、
3つの常任委員会に変更をする事を前提に、
改善を図っていくことが確認されました。

そして、議員間討議については、
委員会時において、
執行部(市役所)に対しての質疑だけではなく、
議員間で自由に議論ができる環境を設け、
結論ありきではなく、
議案の背景、論点を共有する事が可能となり、
説明責任、及び議決責任を向上させるべく
導入する方向で、
各会派での審議をしていただく事が
確認できました。

少しずつではありますが、
着実に成果を果たす、
またその質を向上させる議会への
体質改善に向け、
一歩ずつ取り組んでいきたいです。

Copyright(c) 2010 Yoshinori Narita All Rights Reserved.