改めて、BCP(業務継続計画)について

2015年11月14日

災害対策は、政治行政における最も基本的であり、

かつ重要な仕事である、市民の生命財産を守る。

というために、かかせないものです。

付け焼刃ではなく、また他所で行っているから

すぐさま四街道市で通用するとは限らないため、

常日頃から災害対策について検討してこそ、

責任を持って提言ができるのではと考えています。

おかげさまをもちまして、四街道市では

BCP(業務継続計画)ができています。

このBCPとは、災害時において、今までは

あくまで行政がいつも通りの体制で、災害復旧を

行うという事が検討されていましたが、

当然市役所だけ被災しないということはあり得ません。

そのため、どの程度の災害においては、どの程度

市役所が被災するか、またそれにより、市役所(機能)が

どの程度でどのくらい復旧可能か、更にはそれに伴い

行政として行える市全体の復旧作業に取り掛かれるか

を、具体的に検討するものとなっています。

こうした取り組みは、県内ではいち早く導入したため、

他市からも四街道の計画を参考にしていただいています。

そうした、他所からの視点をまた、四街道に逆輸入して、

更なる改善を図りたいと思います。

Copyright(c) 2010 Yoshinori Narita All Rights Reserved.