地震の時間割

2020年01月30日

発災~2分 テーブルの下にもぐるなど、落下物から頭を守る。固定している家具から離れる。 2分~5分 揺れがおさまったら、火の始末。ドアを開け出口の確保。ガラスの破片などでけがしないように、靴を履く。 5分~10分 家族の安否確認。家屋の被害状況を点検し、余震で被害拡大のおそれがあれば避難の準備。 10分~半日 隣近所の被害がないか、声を掛け合って確認。協力しあって救出救護。災害時要配慮者の安否確認、安全な場所へ避難誘導。 半日~3日 電気・水道等のライフラインをはじめ食料の流通が途絶える。3日間程度は自宅にある飲料水・食料などでしのぐ。隣近所で食材を持ち寄って炊き出しをする。 3日以降 防災機関の応急・復旧活動が本格化。

Copyright(c) 2010 Yoshinori Narita All Rights Reserved.