災害時の情報

2020年01月30日

災害時に、必要な情報入手が困難

 防災無線が聞こえなかったという声を多く聞きます。また、市役所に電話しても十分な内容を聞けなかったという意見も聞きます。  更に、被災をし、いつまでに復旧の目途がたつか、どこに聞けば よいか分からなかったという声も聞きます。  自助の必要性や、自主防災組織等での共助もわかります。  しかし、政府でいう官房長官や、企業でいう広報担当等、いわゆる スポークスマンという存在があります。  生活者にとって、自助をするためにも、情報の収集が必要です。  全員がインターネットを駆使しているわけではありません。また、停電時に実感したように、パソコンがつかない。スマホの充電する場所が少ない。そのため、やみくもにネットを使うこともできません。  自助を行うためにも、情報伝達手段について、改善する必要があると考えます。

Copyright(c) 2010 Yoshinori Narita All Rights Reserved.