平成21年9月議会一般質問

2010年08月31日

◆成田芳律議員 議席3番、会派清流の成田芳律です。通告に従いまして質問をいたします。重複する点もあろうかと思いますが、確認の意味も含めてご答弁のほどよろしくお願いします。
  1、福祉行政について。
  ①、新型インフルエンザへの対応について。感染症発症動向調査によるインフルエンザの報告は増加傾向にあり、第34週の1週間に、これは8月の最終週ですが、1万1,636例あり、定点当たりの報告数は2.47という数値が出ております。これは全国で流行期とされる1.00を大きく超える現状であります。それを受けて国から新たな対応マニュアル等が提示され、またそれについて市での対応に変更があったものと伺っておりますが、具体的にどのような箇所で変更点があったのか、またそれの周知の仕方についてお伺いします。
  ②、ごみ処理広域化と市内ごみ問題について。この点につきましては、本日質問順に及川議員また清水真奈美議員からも質問並びに答弁ございましたが、確認の意味も込めてご答弁のほど、簡潔で結構ですので、よろしくお願いいたします。
  C、四街道駅南口保育施設設置について。こちらについても質疑またご答弁ございましたが、平成23年開所を目途に本年8月に事業者並びに土地所有者の方への募集がなされました。それに向けての準備体制につきまして、どのような形となっているのかについて伺います。
  2、教育行政について。
  ①、学校整備計画について。市内小中学校の耐震化も残すところあと2校となりました。また、施設の老朽化への対応など、子供たちが学ぶことに専念できるよう日々ご対応されていることと存じます。そこで、確認の意味も含め、今回は旭小学校の改築について、そのスケジュール等を確認させていただきたいと思います。そして、また学校整備ということですので、校舎、校庭だけではなく、通学路についてもその整備の必要性が認識されているところであると思います。その点についての安心、安全はどのように図られているのか、またそれに対応すべくどのような取り組みをしているのかについて伺います。
  3、効率行政について。
  ①、PDCA導入のその後について。昨年私から一般質問させていただきましたこのPDCA、プラン・ドゥー・チェック・アクション、こういった常に業務を改善し、四街道市民生活の福祉向上のためにチェック、また事務事業を行っていると思いますが、昨年質問させていただきましたときに、本年度より導入をするという旨のご答弁がございました。それを受けて、実際どのような形で導入がなされているのかについて伺います。
  ②、ワンストップサービスの意見について。効率的な行政サービスの一環としてのワンストップサービス、これは主に窓口の一元化を指すものですが、これを来年の6月に向けて準備を進めている、また8月にパブリックコメントを実施し、広く意見を募集したということを伺っておりますが、その中身について、またそれを受けてどのような対応をなさるのかお伺いします。
  続きまして、4、安心安全について。
  ①、交通不便地域対策の現状と課題について。多くの議員から、再々にわたりヨッピィ、また特に高齢化社会を迎え交通不便地域とされるところに住んでいる方の足の確保等を含め、総合的に交通不便地域対策に向けて鋭意ご努力なされているとは存じます。そこで、市としてはどのような形で今後交通不便地域解消に向けての取り組みをしていくのかについて伺います。
  ②、当市の飲料水の現状について。前回の中で、私はインフラ整備の必要性についてを質問させていただきまして、そのときは下水について質問させていただきました。今回は飲み水、水道水について質問させていただきます。確認の意味も含めまして、市内で3カ所の浄水場が設置されていると思いますが、それぞれの混合率がどのようになっているのかについて伺います。
  5、農業問題。
  援農いんばの取り組みについて。当市に限らず我が国全体の農業問題としての高齢化に伴い後継者不足、また耕作放棄地などの問題があります。これらの問題に対応すべく本年から援農いんばが発足いたしました。ここで発足から半年が経過したわけですが、今までの取り組みについて、変化があるのであればその内容について伺います。
  6、国政選挙を受けて。
  当市への影響について。皆様ご存じのとおり、国の政権政党が変わります。ですが、我々市議会や執行部におかれましても四街道の発展を第一に見据え、日々尽力することが求められていると認識しております。ここで、実際に発足した後のこととなるでしょうが、現在各種メディアにおきまして、景気対策で組み入れられた補正予算、これの一部凍結という報道がなされております。当市におきましても、緊急雇用対策費として既に執行済みのもの、また今回の補正で導入予定のもの、さらに先ほどのワンストップサービスの中で、その中でフロアマネジメントについてもこの補助金からの対応を考えているというようなことを伺いましたが、そういったことに対して市では、もしこれが凍結になった場合、先のことですので、動向を踏まえるということになるとは思いますが、どのような認識を持っていらっしゃるのかについて伺います。
  7、財政問題について。
  当市の課題と取り組みについて。行政サービスを行うに当たりまして、その根幹をなすのが財源となります。多岐にわたる質疑の中で、現在は財政健全化法に言うところの健全団体である、だが4年後には健全な財政運営を図ることが難しくなるだろうということのご答弁がございました。それを受けて、ガス灯を初めとする基金また一般会計等に対し、抜本的にそのあり方について、仕組みづくりについて取り組まなければならないと考えるがいかがでしょうか伺います。
  以上、壇上からの質問とさせていただきます。ご答弁のほどよろしくお願いします。 

Copyright(c) 2010 Yoshinori Narita All Rights Reserved.