活動報告

正常性バイアス

 普段の生活から、災害はどこか他所の出来事で、自分が被災することは、なかなかイメージがつきにくいものです。 また、日常生活においても、買い物をするにも一苦労するご家庭も増えています。病気、生活、家庭環境など、家庭や個人によって抱える悩みはそれぞれです。  限られた財源のなか、行政も様々な取り組みをしていますが、気軽に相談できる体制であるか。また一つ一つの政策が、日常の需要に沿ったものであるか。  お互いを尊重し、丁寧にまちづくりを進める必要があると考えます。

良好な自然環境

四街道市は、自然と都市部の調和を特徴とした街といわれています。しかし、その自然とは、里山等もありますが、水田や畑について、四街道市の自然として広く認識されています。 この良好な環境を保全するにあたり、個々の農業に携わる方の努力だけでは難しい現状もあります。 野生有害加害鳥獣対策もその一つです。広くこの問題が認識されるように、また、広域的な対策が図られるように、引き続き活動を続けていきます。

地震の時間割

発災~2分 テーブルの下にもぐるなど、落下物から頭を守る。固定している家具から離れる。 2分~5分 揺れがおさまったら、火の始末。ドアを開け出口の確保。ガラスの破片などでけがしないように、靴を履く。 5分~10分 家族の安否確認。家屋の被害状況を点検し、余震で被害拡大のおそれがあれば避難の準備。 10分~半日 隣近所の被害がないか、声を掛け合って確認。協力しあって救出救護。災害時要配慮者の安否確認、安全な場所へ避難誘導。 半日~3日 電気・水道等のライフラインをはじめ食料の流通が途絶える。3日間程度は自宅にある飲料水・食料などでしのぐ。隣近所で食材を持ち寄って炊き出しをする。 3日以降 防災機関の応急・復旧活動が本格化。

トリアージ

トリアージとは、負傷度 による負傷者の選別のこと です。災害現場においては、 一時に多数発生した負傷者 を、1人でも多く救命するた めに、救護所に来た順番で はなく、緊急度と重症度で、 治療優先度を決めます。  実際の災害現場において も、負傷している自分を通り 越して、後から来た人に治療 を行うことに対して、順番を 守れという声も多くありまし た。しかしトリアージの考えに より治療が行われました。  そのため、事前の備えに よって、ご自身の被災・負傷 を防ぐ・減少させることが 重要です。

センター試験

センター試験の日です。

暖かい日がついいたので、余計に寒かったですね。

センター試験の結果について、よかった人もそうではない人も、この結果だけではなく、次のステップへの過程でもあるため、引き続き体調管理をしてください。

そして、それぞれの道に向かって歩んでください。

成人式

令和初の成人式が文化センターにて行われました。

新成人の皆さん、本日は誠におめでとうございます。

四街道市における台風19号の状況

・四街道市に発令されていた気象警報は全て解除
・市内における人的被害はなし
・避難所の避難者は、午前8時時点で全員帰宅
・市内の倒木処理、道路案内板の復旧、ガードレールの復旧等 計9か所
上記については、都市部対応中、午前11時30分完了予定
・赤水対応、上下水道部が継続して実施
・市内停電状況、大日病院付近14世帯、鹿渡香取神社付近10世帯、鹿放ヶ丘1世帯
上記停電については、東京電力対応中、本日中に復旧予定

との事です。

市外では甚大な被害があることから、引き続き支援体制を構築していきます。

四街道市内の台風19号の状況

大雨警報は解除されました。

しかし、暴風警報は継続しています。そのため、警戒のほどお願いします。

竜巻注意情報

千葉県北西部、北東部は、竜巻などの激しい突風が発生しやすい気象状況になっています。空の様子に注意してください。雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。落雷、ひょう、急な強い雨にも注意してください。

大雨特別警報

東京神奈川静岡埼玉山梨長野県で大雨特別警報が発表されました。

最大限の命を守る行動をお願いします。

« 過去の記事へ 新しい記事へ»
Copyright(c) 2010 Yoshinori Narita All Rights Reserved.